化学物質による自然破壊や薬品被害に懸念を抱く現代社会、自然環境にやさしく、人畜に安全な自然エキスのパワーが急速に見直され注目を浴びています。

強力な殺虫・殺菌力のある農薬が普及し、木酢液の存在が薄らいでいますが、農業をとりまく状況は変わってきています。 「農薬をできるだけ減らし、高品質の作物を作る」木酢液は土壌に残留することもなく、地球にやさしい資材です。
まさに、減農薬、高品質時代にふさわしい資材であり、農薬に変わる自然の産物です。

製造方法
木材から木炭が出来る過程ででてくる煙を冷却すると気体と液体に分かれます。この液体を採取し放置しておくと三つの層に分かれ、上層の精油と下層のタール分を取り除いたものが「木酢液」です。


「木のまち 神山町」から森の恵みをお届けします

弊事業所は、四国徳島県のほぼ中央部に位置する神山町、県都徳島市に隣接し、戦後の住宅復興期や核家族化で住宅ブームさなかには、木造住宅の材料生産地として栄えた「木のまち 神山町」に所在します

「木のまち 神山町」は、徳島市から車で入ると、早速、森林県の代表的、町を象徴するかのように、徳島県立神山森林公園があります。やがて神山町の中心部にさしかかると、木のまちを表す「木のまち 神山町」と刻み込まれた大木丸太看板が迎えてくれます。

今でも随所に残る自然の森と、精魂込めて創り上げた見事な人工林に抱かれた、自然と人(過疎化が進む今日では野性動物達も)が共存する緑の楽園です

自然林は、人にやすらぎや うるおいを与え、人工林は生活を支え、自然林と共に安全や環境を守ります。
自然林イコール善、自然を操作する人工林は悪との考え方が多勢の現代社会、少し視点をずらせて眺めて見ませんか。人工によって手を加えることなく残された自然林の貴重さは誰もが否定しませんが、人工林については、その果たす役割が、今ひとつ理解されてないように思われます。

種を蒔き、苗を植え、育て、人間の生存生活に活用し、無理なく自然界へ返す。自然界のリサイクル機能を、人間生存期間約80年と平行し、周期的サイクルで森を活用する。こうして自然を破壊することなく人間社会を、また環境を守っていく壮大なメカニズムづくり、それが人工林ではないでしょうか。

人間の都合主義で地形を変え、水・空気の流れを変え、動・植物の生態系を変えてまでの乱開発、合理主義的都会生活の拡張、それが果たして豊かさの象徴でしょうか???・・・・。

地球自然界が形成した大地の形状が作り出す、水・空気の流れや日照に、且つ地質に最も適した木を植え、育て、林を作る。そうして作られた森、人工林。そこで生産された物を人間生活に利用・活用をする。またそこに住い、生活をする(またその適地に発祥する動物達と共に)。これこそ人と自然との共存生活ではないでしょうか。

森の木は人や動物の生活を、安全を、健康を、また自然界の大地を、大気を、水をまもり、果てしなく地球自然界に貢献し続けてきた木。木の持つ自然界の動・植物に大きく貢献するパワー、その源が凝縮された木酢液。まさに自然界のリサイクル機能を人間社会に融合させた、循環型社会の基本となる活用方法。それは環境汚染防止の名のもとCO2だけとなるまで高温完全焼却し、大気圏に放出してしまっては得る事ができない、地球自然界の貴重な産物と思います。

地球温暖化防止・大気汚染防止・ダイオキシン発生規制・CO2発生規制等々、環境破壊に過敏な反応を示す現代社会。

弊事業所では廃棄していた製材端材を、自然界のリサイクル機能を活用する手段として、木炭化し、その過程において排出される煙に含まれる有効成分を採取回収し、自然界で利用することによって環境汚染の防止に役立つことに着目しました。

木酢液という形で煙を回収し、地球自然界でリサイクルすることにより、環境悪化・CO2発生の防止策であるとの説を学者も発表しています化学の発達によって人は富福を得ましたが、その代償に化学の弊害に苦しみ、脅え、不安を抱く現代社会。いま少し立ち止まり、過去を振り返り、あたらしく未来を見直してみませんか。地球自然界の中で果たす植物のもつ科学のパワーを・・・・・。木炭はエネルギー源をはじめ、調湿、水質・空気浄化、土壌改良、植物の活性補助など、数多くの効能が、木酢液もまた、近代建築の建材に使われる化学品が原因と言われるアトピーや、感想肌、水虫、かゆみなどに、六価クロムの土壌汚染の無害化、アンモニア臭などの消臭、などには薬剤効果が、また植物には成長促進、徒長抑制、糖度や質の向上効果などが数多く実証されています。

自然のエキス木酢液の効能が、動物・植物には活力を、人間には心と身体を健康にする森の恵み、全国の皆さんと共に分かち合いましょう。更にまごころを詰め添えて全国の皆さんにお届けします




徳島県名西郡神山町下分中喜来7-1
 林製材所 販売部
IP電話 050-2024-4515
http://puresoul.com/hayashi/
 hayashi@puresoul.com